So-net無料ブログ作成

本丸博行ってきました① [とうらぶ]

元々は博物館巡りするつもりで1月に東京行く予定を立てていたんですが、本丸博やら大江戸温泉物語のコラボやらぶっ込んできたので、その辺り行ってきました。

・・・肝心の博物館巡りは、江戸東京博物館しか行けませんでしたが・・・

そんな東京遠征の話。

今回は、博物館→本丸博の金襖の間までの話。
IMG_9189.JPG


江戸東京博物館のある両国って、相撲の両国国技館のある駅だったんですね。
両国駅に行くのは初めてで、相撲もあまり興味がないもので・・・
IMG_9187.JPG

一月場所をやっている最中なので、お相撲さん数人とすれ違いつつ、博物館へ。

IMG_9185.JPG


IMG_9184.JPG


IMG_9183.JPG


IMG_9181.JPG


IMG_9177.JPG

東京に着いて真っ先に行ったので、着いたのは開館から20分程経ってからだったんですが、土曜日だったからという事もあるんでしょうが、なかなか盛況でした。

若い方より老齢の方が多い印象でしたが、子連れの姿も多々見受けられるという感じ。

残念ながら、この日の本丸博は12時の回に申し込んでいたのでゆっくり見る時間がありませんでしたが。

一応、目的だった五虎退と鬼丸を見に行きましたが、そこだけちょっと列が出来ていましたが無事鑑賞。

五虎退は直刃が綺麗だな~と、鬼丸(髭切)は反りが深いな~くらいしか記憶に残っていませんが。

そして本丸博へ。
会場は池袋のサンシャインですが、久しぶりなので早めに着きました。
相変わらず、池袋って人多いですねぇ。

集合場所どこだろうなぁとサンシャイン前の交差点で信号待ちしながらあちこち見ていたら、こんのすけの耳が見えたので、時間もあるしそちらに移動。

IMG_9191.JPG


IMG_9192.JPG

初めて見れたこんのすけは、ほとんど後ろ姿しか見れませんでしたが、スロープをとってとってと歩いてて可愛かったです。
あの足では、階段上れないんですね。

IMG_9200.JPG

随所随所でファンサービス。
しっぽも振り振り、屈伸でのびのびと、なかなか可愛い動きでした。
動画撮ったんですが、保存するの忘れて消しちゃいました・・・・・・・
IMG_9199.JPG


IMG_9204.JPG


結構な人だかり。

一枚だけ、カメラ目線を貰えました。
IMG_9205.JPG


IMG_9206.JPG


そして集合場所へ。

集合時間に集合しても、そっからさらに1時間近く外で並ぶという苦行を経て、中へ。

天気が良かったから結果オーライですが(それでも寒風吹きすさぶ中でしたけど)、あれで雨とか雪が降ったらもう地獄ですよね。

いよいよ入場でも、この行列。

IMG_9208.JPG


IMG_9209.JPG


IMG_9210.JPG


この先が今度実装される新OPが上映される「歓迎の間」
縁台みたいな長いすと、三つのスクリーンが並ぶ部屋でした。
ミュージカル、舞台、アニメの短い映像が流れてOP。
事前に知ってましたけど、今のOPとは間違い探しのレベルの変更ですね。
今度鍛刀キャンペーンで登場する千子さんが一人で「ドバーン」って登場してましたけど、そっか、ボッチか・・・

この次が「金襖の間」

IMG_9212.JPG

この辺りの写真で、人の凄さを是非とも実感して頂きたい。
いやホント、見るの大変で。

とても全員じっくり見る時間がなかったので、撮れていない所も多いですが、撮った写真を貼っておきます。
残念ながら、粟田口コーナー近辺は人が切れなかったので、全く撮れていませんが。

IMG_9213.JPG

最初にあるこの間についての解説ですが、全く読めなくてですね。
特に今回コラボというか、商品を作って貰ったお香のお店の解説は所々文字が背景に潰れて、拡大しても明度や彩度を変更してもどうにも読めなくて。
この説明書き部分だけでも、別の和紙とかにプリントしてフレームに入れて飾るくらいした方が良かったと思いました。

とりあえあず、上の部分だけ解読したので↓に書いときます。




金襖の間


「刀剣乱舞-ONLINE-」に登場する刀剣男士が
一堂に会する金襖の間です。“刀剣男士と日本の四季”をテーマに
本丸博企画チームが制作いたしました。
また香雅堂様にご協力の下、春・夏・秋・冬の各季節と
そこにたたずむ刀剣男士たちをイメージした
香料を調合頂いております。豪華絢爛な四季折々の世界と
香りに彩られた空間をお楽しみください。



という事だったそうですよ。

お香はあるのは分かっていたんですが、聞くのをすっかり忘れていました。
香りも、人の多さでかき消えたのか全く分かりませんでした。残念。


それではメインの襖のイラスト。
最初は初期刀達ですね。

IMG_9214.JPG


IMG_9217.JPG


IMG_9216.JPG


IMG_9218.JPG


IMG_9219.JPG


ここらで全員撮るの諦めました。
見た感じ、なんとなくざらざらした質感に見えましたが、触ったらどんな感じだったんでしょうね。

IMG_9221.JPG


IMG_9220.JPG


IMG_9222.JPG


IMG_9223.JPG


IMG_9224.JPG


IMG_9225.JPG


IMG_9228.JPG


IMG_9226.JPG


IMG_9229.JPG


IMG_9230.JPG


IMG_9231.JPG


IMG_9233.JPG

「小狐さんだけ三条から離れててかわいそう」的な話は聞いていましたが、さらに部屋の隅っこだったんですね。

IMG_9310.JPG


IMG_9234.JPG


IMG_9311.JPG


IMG_9236.JPG


IMG_9313.JPG


IMG_9309.JPG


IMG_9314.JPG


IMG_9239.JPG


IMG_9238.JPG


今日はここまで。

この時点での本丸博の感想ですが、入場に際し、入場券に書かれている整理券番号での列形成を徹底したり、出来るだけ混雑しないよう入場の調整をしていた点は良かったと思います。

ただ、入場前の列を作ってから入るまで外で待機するという苦行はどうにかならないものかと。
もう一個待機用にホールか部屋か借りられなかったんですかね?

あと、こういうイベントってあまり参加した事ないんですが、まどマギ展の時とかって、入場する時にパンフレットというか、展示の案内図みたいなのとかチラシを貰えたんですが、この本丸展ではそういうのは一切ありませんでした。
チケットを渡して半券切られて終わり。
特に三日月宗近 影の制作に関してのパネルは人だかりが凄くてじっくり読める状況ではなかったので、そういった辺りの事をプリントして配布してくれたらなぁ…と。
入場料、もうちょっと高くても良いから、そういった配慮が欲しかったです。
下手に「ご自由にどうぞ」って置くと、一人で10枚くらい持ってく人が出そうですし、入場の時に一人一枚って配ればロスも少なく、全員に行き渡るので。

不満もありましたが、総合的には大満足でした。
スタッフの人達が一丸となって取り組んでいるというのはよくよく伝わってきましたし、今後、地方でも行われるそうなので、その時までに色々改善して貰えたらなぁと思います。


という辺りで、レポはいったん終了し。

せっかくなので、ゲームの方のとうらぶの話。

蜻蛉さんの話でちょこっとだけ登場していた村正こと、千子村正がいよいよ実装ですが、また癖が強いというか、ぶっ飛んだのが来ましたね。
この流れの中なら、もうモブらしいモブ。キング・オブ・モブ的な平凡でぼっさ~~とした刀剣が実装されても「凄いのが来た!」ってなる気しかしないです。
あの個性派揃いの中なら、没個性なのが来てもちゃんと目立ちそうだなと思いましたまる
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。